(20-53) 2015年夏以降の新興国起源株価下落への対処

 日本円実効実質為替レート(¥ERER)建てで評価した日本債券指数、日本株式指数、先進外国債券指数、先進外国株式指数、新興国株式指数そして¥ERERの常用対数の長期経時変化(2016/1/15まで収録)を図20-53-1 に示した。

画像
  (図をクリックすると拡大図が出てきます)

 この図の新興国株式指数(青グラフ)は2015年夏以降下落し始め、2016年に入ると急落し始めた。これに引きずられて先進外国株式指数(紫グラフ)も日本株式指数(赤グラフ)も下落している。

 これまでの中国やロシアの経済成長が、中国の南シナ海への軍事的進出やロシアのクリミヤ半島分割の基盤となる経済力をもたらしたことを考えると、欧米先進国が中国やロシアの経済縮小を積極的に助けるとは考えられない。新興国は中国とロシアだけではないが、それでも新興国株式指数の下落はもっと進むと予測する。世界の経済は相互に密接に関連しているので、新興国経済縮小に影響されて先進国の株価も下落すると予測する。

 図20-53-1の株式指数の経時変化の過去のグラフを見ると、2000年夏からの米国発のITバブル崩壊は株価下落開始後2年半で底打ちしている(紫グラフ)。2007年夏からの米国発サブプライムローンバブル崩壊&リーマンショック危機は2年足らずで底打ちしている(紫グラフ)。これらを勘案すると、今回の新興国発の株価下落も2-3年後に底打ちして回復基調に入るのかもしれない。当然のことながら将来予測の信頼度は低いが、一応このような予測の下で話を進める。

 今後2-3年の間に世界の株価下落が進むならば、それは長期投資家にとっては投資の好機到来とみていいと考える。なぜなら、図20-53-1を見ればわかるように。世界の株価指数全体としては長期的には上昇が続いているのだから。ただし1990年以降の日本株式は別で、株価の長期下落基調が25年間以上続いている。長期間(最低限でも5年以上、10年以上ならなお良い)寝かせておける日本円の余分な預金を持っているなら、これを今後3年間位の期間にわたって、世界経済に対して均分積み立て投資するのがよかろうと考える。まだ資金蓄積のない若い人には、今この株価下落期における積み立て投資(世界の株式への投資)の継続こそ大事である。

 投資後のポートフォリオメインテナンスが楽(手間暇がほとんど不要)なので、私の選ぶ投資手法は、三井住友トラスト・アセットマネジメントの「世界経済インデックスファンド」や「世界経済インデックスファンド(株式シフト型)」の定額積み立て購入である。

 一方、家屋修理や車買換えのような高額出費は可能ならば先延ばしして、株式投資信託売却は株価回復まで待つ。年金生活者の生活費補填には、不況乗越え用の無リスク金融商品の予備資産や場合によっては無リスクで保有している生活防衛資金の一部を取り崩して、今後3-4年の世界的な株価低迷期での株式売却を避けるのが望ましい。現在含み損の出ている投資信託であっても、10年後には高額含み益の資産に変わっている可能が高い。もともと株式を含むインデックス投資は長期間運用が必須条件であった筈、1年や2年の短期の間に評価損が拡大するのは想定内のことである。

 今後株価下落が進もうと、あるいは株価上昇に切り替わろうと、世界平均の収益を狙う長期インデックス投資家にとっては、定額積み立て投資を続けてゆくことに変わりはない。世界的な株価下落を見て投資の休止や減額をしないことが重要である。

 少し話の趣は変わるが、私の場合従前、日本債券指数、日本株式指数、先進外国債券指数、先進外国株式指数、新興国債券指数や新興国株式指数のそれぞれに追従の投資信託の組み合わせで投資を進めてきた。その後の「簡単を重視」の方針転換でバランスファンドで投資運用を進めることにした。その場合、保有する個々の投信を売却してバランスファンドに買換えなければならない。株価下落期はこのような投信の買換えの好機である。損益通算で収益ゼロになるような組合せで現有投資信託を売却し、それで得たお金を「世界経済インデックスファンド」のようなバランスファンド購入に充てる。そうすると買換えに伴う納税額を抑えることができる。全ての投信が含み益を抱えているような好景気のときにバランスファンドへの買換えを進めると、売却益に対する納税額が嵩み、保有資産の減額が起こってしまう。含み損のある投信や含み益のある投信を同時に持っている時期が、保有投資信託整理の好機である。
(2016/1/17/UP)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック