20-76. eMAXISファンドからeMAXIS slimファンドへの乗り換えの定量的検討

インデックスファンド投資において、実質コストが低率なものを選ぶべきで、コスト安のファンドが出てきたらそれに乗り換える(買換える)と良いと考えられる。一方で乗り換え時には、運用益の20.315%が税として差し引かれて運用原資の減額が起こる。定性的には、新旧ファンドのコスト差が大きく、乗り換え時点までの運用益が小さく、かつ乗り換え後の運用期…
コメント:0

続きを読むread more

20-75. 世界的株価暴落期にポートフォリオの改善を図る

新型コロナウイルスの世界規模での蔓延により世界の株価は大幅下落進行中であり、どこまで下落するのか、或いは近々回復が始まるのかの見通しも立たない。インデックスファンドの長期積立投資を続けている中では、長期保有のファンドはまだかなりの評価益を残しているが、積立期間数年のファンドにはかなり大きな評価損が生じている。このように保有する個々のイン…
コメント:0

続きを読むread more