テーマ:ポートフォリオ

(20-10) 期間別ポートフォリオのまとめと運用の実例

 運用期間別の適切ポートフォリオについて、2011年2月以降今(2011年6月)の半年足らずの間に亘って検討してきたことをひとまず纏めておく。2011年1月末までの金融商品(株式と債券)の指数(配当・利息・分配金を税引き再投資、インデックス型投資信託のコストも差し引き済み)の長期月次データから、指数変化の倍率表示の対数正規分布統計(常用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-8)  長期・超長期ポートフォリオのBuy&Hold運用の実績追跡

2011年1月末までの金融商品指数の統計パラメータに基づいて計算した長期ならびに超長期ポートフォリオ(http://williberich.at.webry.info/201103/article_6.html)について、過去のパーフォーマンスを調べた。 長期ポートフォリオ(日債:外債:日株:外株:EM株=1:55:0:42:2)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-7) 短期・中期ポートフォリオのBuy&Hold運用の実績追跡

 短期、中期の各ポートフォリオ(長期、超長期は次回)の過去の運用実績を見ておく。目的は、ポートフォリオを組むことによって、元本割れ回避に必要な期間がどの程度短縮されるか、また運用期間の長期化に伴って運用成績(評価額)がどのように変わるのかを見ておくためである。ここで調べる運用期間別ポートフォリオは2011年1月末時点までの金融商品指数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-5) 2011年1月末の対数正規分布統計パラメータに基づくポートフォリオ

要旨: 2011年1月末までのデータから求めた対数正規分布の統計パラメータ(表20-3-1)に基づき、20-4節の記事の方法を使って分散投資ポートフォリオのμとσの期待値を計算・比較して、短期、中期、長期、超長期それぞれの運用期間に適したポートフォリオを組み立てた。  倍率対数統計/対数正規分布において、分散投資したポートフォ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(20-4) 対数正規分布に基づくポートフォリオ構築方法

要旨: 対数正規分布に基づくポートフォリオ構築は対数の世界の話であるにもかかわらず、真数の世界と同じ式で分散投資を推計しても、有効数字1桁以上の信頼度で近似計算できる。  各金融商品個別の価格変動の“倍率 (1 + r) の対数”を確率変数とする統計パラメータ(年平均値μ、年標準偏差σ、相関係数ρ)に基づいて分散投資したポートフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(10-18)  2011年1月末時点の運用期間別ポートフォリオ

 2011年2月始の時点で世の中を見ると、世界景気の二番底を避けることが出来たような雰囲気である。また一方、チュニジアやエジプトなど北アフリカやアラビア半島のアラブ圏で政変が連発し、世界が大きく動いている。北アフリカの政変は、多分、リーマンショック対策で先進各国政府・中央銀行が供給した多量のお金が危機回避の兆しと共に動き始め、結果として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(10-16)  2010年9月末時点の運用期間別ポートフォリオ

 2010年9月末までのデータに基づいて計算した指数の統計パラメータ(表10-15-1)に基づいて、運用期間別の最適ポートフォリオを計算する。  まず短期ポートフォリオを組む。計算方法の詳細は記事(10-6)で説明したとおりである。債券投資割合(国内債と先進国債の割合の和)が0.85-1.00のポートフォリオの中で r/σ 比が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(10-15) 2010年9月末時点で評価した金融商品指数の統計パラメータ

 前回(記事番号10-5)の統計パラメータ評価(http://williberich.at.webry.info/201005/article_3.html)とそれに基づく運用期間別ポートフォリオの計算は、2010年5月始め(同年4月末までのデータに基づく)であった。その後半年近くたったので、次のリバランスに向けて、金融商品指数の統計パ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(10-14) 株価下落見込み時の運用

 短期、中期、長期いずれのポートフォリオで運用しても、投資評価額実績値の上昇下降の大まかな傾向は株価指数の値動きと平行であった。従って、今後2年・3年の株価下落・低迷の可能性が高いと考えるとき、それ故、短期、中期、長期、超長期いずれのポートフォリオの評価額も低下しそうなときどうしたら良いのかを考える。    二通りの方法が考えられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(10-13) 真数正規分布と対数正規分布どちらのモデルが株価長期変動幅の分布に適しているか

 ここでは、MSCI株価指数の3ヶ月間値動き率のヒストグラムを検討し、結局、入手可能な40年間の月次時系列データから得られる長期株価値動き率分布の実績からは、データ数不足のため、真数正規分布モデルと対数正規分布モデルに有意な優劣差を付けることは出来なかった。  前節で株価短期変動分率(1ヶ月程度)は期間内変動幅が数%と小さく、その…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

(10-11) 生涯収支概算表作成と運用先の選択

 前項の表10-10-1から判るように、高リターンのポートフォリオへの投資は短期間運用では元本割れの可能性が大きいが(幸運なら短期で大儲けの可能性もある)、長期間運用すれば元本割れの可能性は低下してゆき、平均的な高リターンを手にできる。短期間投資でも元本割れの可能性の低いポートフォリオの期待リターンは低い。そこで保有資金を、寝かせておけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(10-10) 運用期間別ポートフォリオのまとめ

 短期、中期、長期、ならびに超長期のポートフォリオが計算できたので、これらをまとめて表10-10-1を作った。これらの結果は絶対的なものではなく、表10-5-1にまとめた金融商品の値動きの統計パラメータのセットから導かれたもので、統計パラメータ値が変われば、ポートフォリオ配分比は当然変わってくる。    (表をクリックすると拡大された…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(10-9) 長期ポートフォリオ(6年以上運用で元本割れ無)

要旨:6年間以上の運用で元本割れが実質的には起こらない“長期間”の投資先として、日債:外債:外株:EM株=10:30:41:19 の金額比のポートフォリオを提案する。期待リターンと期待リスクはそれぞれ6.51%、13.42%であり、1998年10月以降現在(2010年6月)までの、半年毎のリバランスを伴う運用の実績リターンは6.55%で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(10-7). 中期ポートフォリオ(4年間以上運用で元本割れなし)

 寝かせておける期間が4年以上のお金の運用の為の中期ポートフォリオとして、日債:外債:外株:EM株=48:22:15:15 の金額比の投資と半年毎のリバランスを勧める。平均年利4.32%で、4年間以上の運用なら元本割れは起こらない。  短期ポートフォリオは運用期間2年から3年の資産運用に適している。次に、運用期間が4年以上、6年な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(10-6) 短期ポートフォリオ改訂(2年運用で元本割れ無し)

 2年以上寝かせて置けるお金の運用先として、日債:外債:外株:EM株=78:13:6:3 のポートフォリオ(ここでは「2010/5/19/短期ポートフォリオ」と名付ける)がお勧めであり、2年ないし2年半の運用期間をおくと元本割れは無い。半年毎のリバランスで年利2.11%の運用益を手にできる。その詳細は以下の通りである:  信頼でき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(10-4)山勘の長期ポートフォリオ(5年以上の運用で元本割れ無し)

 5年以上寝かせておけるお金は、金額比で 日債:外債:先進外株:EM株=40:10:25:25 のポートフォリオに投資し、半年毎にリバランスを続けると、平均年利で4.7%程度の運用益を手にできる。このポートフォリオに「山勘ポートフォリオ(リバランス有)」と名付けておく。このポートフォリオは、丁寧に考察した中期投資向けや長期投資向けポート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(10-3) 短期ポートフォリオ(2年以上運用で元本割れなし)

 この記事よりは、(10-6)の改訂版の短期ポートフォリオの記事をご覧下さい。  日債:EM株=95:5の固定比のポートフォリオを「短期ポートフォリオ」と名付ける。この短期ポートフォリオへの投資実績シミュレーションは、一括投資後2年の投資期間を経過すれば元本割れは起らないことを示した。そしてその平均リターンは定期預金利息よりも高い。纏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(10-2) 株式指数と債券指数の統計パラメータ(リターン、リスク、相関係数)のデータ採録期間依存

 株式指数と債券指数のリターン、リスク、相関係数などの統計パラメータは、データの採録期間や統計処理において各データにつける統計的重みの関数形に大きく依存する。その依存性は想像以上に大きい。まず、素人が無料で入手できる期間全体に亘って、半減期20年の過去に向かって指数関数的に減衰する統計重みを付けて計算したリターン、リスク、相関係数を表1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(10-1) 世界の株式指数と債券指数の長期間経時変化グラフと運用の基本方針

 ここで考えるインデックス運用の基本は5つの投資信託から成る。まず、五つの金融商品指数の長期間時系列データのグラフを眺めて、資産運用の方針を考える。事実こそが全ての出発点。ここで使う投資信託の一般名、ここで使う略称、ならびにそのベンチマークとなる指数は以下の通りである:   国内債券 日債 日興BPI総合 (または野村BPI、しかし野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(7-5) 短期と長期の両運用を表計算ソフトで纏めて管理運用する

 最適短期ポートフォリオも最適長期ポートフォリオも同じファンド(STAMインデックスシリーズのファンドないしeMAXISインデックスシリーズのファンド )で構成される。両ポートフォリオの違いは投入金額比のみである。従って、マネーフロー表から、必要な預金金額、必要な最適短期ポートフォリオも最適長期ポートフォリオを算出して全てを加え合わせる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(7-4) ”最適長期ポートフォリオ”の運用開始

 “最適長期ポートフォリオ”は3年間に亘る分散投資と3年間以上の長期運用(合計6年を越える投資期間となる)が大原則である。退職金など多額の運用資産を持つ人の場合は、マネーフロー表から算出した“最適長期ポートフォリオ”に投入できる金額を36ヶ月に等分し、毎月1回ずつ金融商品を「計画」に従って購入する。全資金を短期間に投入して、その投入時期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(7-3) “最適短期ポートフォリオ”の運用開始

 マネーフロー表が出来、インターネットとパソコンの環境も整い、ネット銀行・ネット証券会社に口座も開いたら、いよいよ資産運用の開始となる。勿論、ロ-ンも完済していること。  まず、生活防衛資金と3年以内の貯蓄取崩予定金額を合わせた額を6ヶ月ないし1年の普通定期預金(証券会社の円建てMMFも選択肢の一つ)でもつ。ネット銀行の方が高金利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(7-0) 資産運用を始める

 現役の人はやはり本業に力を入れ、本業で活躍すべきであって、資産運用に掛ける手間は少ない方がよい。隠居世代だって、資産運用に掛ける手間を少なくして人生を広く楽しむ方が良い。しかし一方、資産運用に少しだけ時間をさき、ひいては日本や世界の政治経済に関心を持つのは、まず第一に我が身をならびに我が家族を守るために必要であり、第二に日本や世界の経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(6-4) 最適長期ポートフォリオのリバランス

 2009年11月末時点において算出された「最適長期ポートフォリオ」は、日債:外債:日株:外株:EM株 = 34:20:0:0:46 の金額比であって、日本株も先進外国株も“投資価値なし”という計算結果である。半年毎にリバランスする計画なので、2009年12月の現時点では、この驚くような“統計のみに依存した判断”に従うことにする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(6-3) 最適短期ポートフォリオのリバランス

 “最適”ポートフォリオを計算して所定金額比で金融商品を購入しておいても、時間経過につれて金融商品の時価変動が商品毎に異なるため金融商品の占有比が当初比からずれてくる。そこで、値上りにより占有比の大きくなった商品の一部分を売り、占有比の低下した商品を買い足して、当初の金額配分比に戻すことをここでは「固定比リバランス」と呼ぶことにする。一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(6-2) 短期・長期ポートフォリオの半年間運用成績と株価・名目為替のズレ率の相関

 2009年11月末時点で算出した最適短期ポートフォリオ(日債:外債:日株:外株:EM株=91:1:1:1:6)と最適長期ポートフォリオ(日債:外債:日株:外株:EM株=34:20:0:0:46)の半年間の運用リターン(年利に換算した値で表示)と、その投資時の名目為替レートズレ率(2-2参照)と株価ズレ率(3-6参照)のデータを投資時期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(6-1) リバランスとは

 まず、「リバランス、Rebalance」という用語の説明から始める。株式投資の平均リターンは大きいが、株価変動幅(リスク)も大きい。一方、債券価格は株価と逆の値動きをするが、平均リターンは低く、価格変動幅も小さい。例えばある時点で保有債券評価金額が40万円、保有株式評価金額が60万円であったとする。債券:株式=40:60の金額比である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(5-3). 最適長期ポートフォリオの構築と検証

この節の要旨:日債:外債:日株:外株:EM株 = 34:20:0:0:46 の金額比の「最適長期ポートフォリオ」は、リターン期待値7.16%、期待リスク13.29%で、6年間以上の運用期間なら元本割れは起こらない(1998年以降の実績)。寝かせておける期間が6年以上のお金は「最適長期ポートフォリオ」で運用し、6年未満のお金は「最適短期ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(5-2)  最適短期ポートフォリオの構築と検証

この節の要旨: 日本債券:先進外国国債:日本株式:先進外国株式:エマージング国株式=91:1:1:1:6(「最適短期ポートフォリオ」と命名)は期待リターン2.00%、期待リスク2.76%であり、一括投資後3年以上経過すると元本割れはほぼ無く、短期投資(ただし3年間以上)に適している。なお、3年以内に使う予定のお金は預金で保有すべきである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more