テーマ:老後資金

20-74. 投資信託2本の単純運用で期待される運用成績とその購入・売却の方法

資産運用は、それが使われる(老後生活費補填の為に取崩される)場面を想像して進められるべきである。さらに、運用の手間もできるだけ簡単であることが望ましい。ただし、運用方法を考える筋道は丁寧に詰めてゆきたい。結果に行き着くまでは間違いの無いように。そして結果はできるだけ単純明快が良い。 こうして辿り着いたのが 「SMT 世界経済イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20-72. 老後に向けて投資信託二本で構築するポートフォリオ

前項20-71において、「SMT 世界経済インデックス・オープン(債券シフト型)」と「eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)」の両投資信託を金額比1:1で購入・保有するのが老後資金準備に向けた良いポートフォリオ(の一つ)と書いた。購入、保有、売却において運用者がするべき操作が単純明快である。老後資金用としてはすべき操作が単純であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20-71. 老後に向けて投資信託二本以下での資産運用

資産運用は、蓄積した資産を使う(取崩す)場面を想定して行うべきである。大抵の場合、資産運用は老後資金準備を目的とする。そして老後資金を使う時期になった時、どの程度の知力・理解力が運用した本人に残っているか分からない。残念ながら、ボケる可能性も小さくない。或いは、老後資金を取り崩しながら生活するのは、ポートフォリオなど分からない配偶者かも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more