テーマ:債券投資

(10-6) 短期ポートフォリオ改訂(2年運用で元本割れ無し)

 2年以上寝かせて置けるお金の運用先として、日債:外債:外株:EM株=78:13:6:3 のポートフォリオ(ここでは「2010/5/19/短期ポートフォリオ」と名付ける)がお勧めであり、2年ないし2年半の運用期間をおくと元本割れは無い。半年毎のリバランスで年利2.11%の運用益を手にできる。その詳細は以下の通りである:  信頼でき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(10-4)山勘の長期ポートフォリオ(5年以上の運用で元本割れ無し)

 5年以上寝かせておけるお金は、金額比で 日債:外債:先進外株:EM株=40:10:25:25 のポートフォリオに投資し、半年毎にリバランスを続けると、平均年利で4.7%程度の運用益を手にできる。このポートフォリオに「山勘ポートフォリオ(リバランス有)」と名付けておく。このポートフォリオは、丁寧に考察した中期投資向けや長期投資向けポート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(10-3) 短期ポートフォリオ(2年以上運用で元本割れなし)

 この記事よりは、(10-6)の改訂版の短期ポートフォリオの記事をご覧下さい。  日債:EM株=95:5の固定比のポートフォリオを「短期ポートフォリオ」と名付ける。この短期ポートフォリオへの投資実績シミュレーションは、一括投資後2年の投資期間を経過すれば元本割れは起らないことを示した。そしてその平均リターンは定期預金利息よりも高い。纏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(4-4) 国内外債券投資のリターンとリスクの評価

 国内外の債券のリターンやリスクのなど運用の基礎指数を求めるのは、1998年10月末以降のデータのみを使うことにする。理由は以下の通り:(1)海外債券指数(Citigroup WGBI)の代替指数がこの期間分しか入手できない; (2)債券投資は比較的短期間(5年前後くらい)であり、最近のデータのみに基づく基礎指数の方が適切である、特に国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(4-3)国内公社債(ならびに日本の平均株価指数)の時系列データ

 国内公社債の価格指数として最も一般的なものは野村の Bond Performance Index (Nomura BPI)であるが、この指数の長期時系列データは無料公開されてない。そこでここではNomura BPI によく似た性格の    日興債券パーフォーマンスインデックス(Nikko Bond Performance Index…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(4-2) 先進外国国債券時価指数の時系列データ

 債券投資は低リスク低リターンが基本で、国内債券と先進国国債が投資対象とする。新興国債券やジャンク債券には手を出さない方がよい。  海外先進国の国際価格指数として最もポピュラーなのは    Citigroup World Government Bond Index (WGBI) 指数(日本除く、ヘッジ無、日本円表示)     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(5-1) 内外の株式と債券のインデックス・ファンドのリターン、リスク、相関のまとめ

 3章、4章で世界の株式投資と先進国債券投資のインデックス・ファンドのリスク、リターン、ならびにこれらの金融商品の値動きの相関が分かった。第3章、第4章で株式指数や債券指数の相関係数の算出に用いたデータと計算式をそのまま用いて、債券と株式の間の相関も更に計算して付け加えた。それらの値を表5-1-1に纏めて示す。統計パラメータ算出のための…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(4-1) 「個人向け国債」は定期預金に分類すべきこと

 「個人向け国債」は固定金利の5年ものと変動金利の10年ものの2種類があり、それぞれ年4回発行され、いずれも1万円単位で購入できる。これら「個人向け国債」は銀行や証券会社を介して個人と国の間で売買する形態である。つまり「個人向け国債」の取引市場のようなものは無く、従って債券価格の変動は無い。それ故、これらは「国債」と名付けられてはいるが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第4章 債券投資

 債券の値動きの基本は、実勢金利(結局は中央銀行が決める“政策金利”に連動)が上昇すると、既発行債券の利率は固定しているので、この債券の売買価格は下落するという振る舞いである。逆に金利が下がるときは既発債券価格が上昇する。つまり、金利上昇は債券価格の下落、金利下落は債券価格上昇と同等である。したがって、ゼロ金利のときは、金利固定の長期債…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more