テーマ:節税

(20-65) 「つみたてNISA」利用の勧め

2018年年初から「つみたてNISA」制度運用が始まる。これは少額長期積立投資に対する非課税制度であり、制度説明文を金融庁のホームページで読むと、「金融庁は、少額投資しかできない、そして発言力の殆どない庶民に味方した!」と感激する。 若年・中年の現役サラリーマンの教育資金や老後資金構築のみならず、退職後間もない(つまり”余生”期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-55) 売却益の税は支払繰り延べがお勧め

 運用方針の変化等により金融商品を買い替えたとき、売却収益があったとする。一方、長期保有するつもりの投資信託には評価損があるとする。このとき、税金の支払い時期について二つの選択肢がある。 (1)今年の売却益の税を今(今年年末に)支払う; (2)評価損のある、ただし長期保有予定の投資信託を一部売却して、前記売却益を打ち消して(損益通算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20-52. 外貨MMF税制変更対策。その2:クロス取引の手順

 前の「20-51. 外貨MMF税制変更対策。その1:クロス取引する?しない?」の記事( http://williberich.at.webry.info/201509/article_1.html )での検討により、US$MMFを円決済でクロス取引をすると判断したとする。ここでは、そのような円決済クロス取引の手順について考える。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-51) 外貨MMF税制変更対策。その1:クロス取引する?しない?

 2016年1月1日から外貨MMFに対する税制が大変化する。年内ならば、外貨MMF取引における為替差益には課税されない。しかし来年年初からは、外貨MMF売却時の為替差益には20.315%の税率で課税され始める。そして外貨MMF売却時の収益は、  収益=売却時取得金―購入費用 で課税計算され、ここで用いられる購入費用は、過去に遡って算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20-37. 分離課税分の確定申告と地方税、国民健康保険料ならびに介護保険料

確定申告書作成において、源泉徴収あり特定口座での配当や株式・投資信託譲渡所得、あるいは一般口座で管理している海外籍ETFで税金を源泉徴収された配当所得など、分離課税される所得を申告するかどうかを迷うことが多いので、少し丁寧に調べました。その結果(筆者の居住地について)は次のとおりでした。分離課税項目の確定申告により 余分だった納税額の還…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-35) NISA制度をどう使うか

 個人の少額投資の収益を非課税にするNISA制度の運用が2014年正月から始まる。NISA口座の対象は株式や株式投資信託である。なお、税制上は、国内外の株式のみならず債券やRIETやそれらの組合わせの投資信託が株式投資信託に含まれる。具体的には各投資信託の目論見書で確認できる。  一つのNISA口座は開設後5年間継続して終了する(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-34) 至急:年内に国内債券インデックスファンドのクロス取引で節税を!

 (20-32)のクロス取引による節税の記事で、国内債券、先進外国国債、ならびに新興国国債のインデックスファンドの関する部分が完全に間違ってました。(20-32)の記事を昨日(2013/12/16)訂正しましたので詳しくはそちら(http://williberich.at.webry.info/201312/article_1.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-33) 国内株式を2013年内に売るか年明け後に売るか 

 2014年正月を境に株式売却益への課税率が10.147%から20.315%に増える。その上2014年正月からは、株式由来の収益が無税になるNISA口座の運用が始まる。この両方の税制変更に伴い、2013年内は国内株式の売却者は多く、2014年の年明けからは国内株式購入者が多くなる。結果として国内株の株価は2013年内は低迷傾向をもち、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-32) 節税目的の2013年内の投資信託クロス売買の実行基準

 2014年1月1日から株式、リートならびに債券の投資信託(投信)による収益(配当・分配金と売却益)への税金が従前の10.147%から20.315%に増税される(平成50年以降は20%)。    従って増税前の2013年中に株式の投資信託のうち含み益のあるものを売却して節税すべきと思われる。しかし含み益のある投信を2013年中に売却…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more