テーマ:つみたてNISA

(20-66) 「野村つみたて外国株式投信」と「SMT世界経済インデックス・オープン」の半々組み合わ

資産は平均並みの成績の運用でいいから手間暇は掛けたくないという場合、或いは資産運用実行者の死亡後に残された者達が引き継ぎに困らないようにしたい場合、なるべく単純明快なポートフォリオで資産を運用することが望ましい。 2018年から始まる「つみたてNISA」制度にも、また一般の特定口座でも使える単純明快ポートフォリオとして、「野村つみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-65) 「つみたてNISA」利用の勧め

2018年年初から「つみたてNISA」制度運用が始まる。これは少額長期積立投資に対する非課税制度であり、制度説明文を金融庁のホームページで読むと、「金融庁は、少額投資しかできない、そして発言力の殆どない庶民に味方した!」と感激する。 若年・中年の現役サラリーマンの教育資金や老後資金構築のみならず、退職後間もない(つまり”余生”期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more