テーマ:投資信託の売却

(20-70) 後期高齢者は株式・投資信託売却損益等の確定申告の際にご用心!

後期高齢者の確定申告時の株式譲渡損益等の確定申告におけるべからず集: (1)原則として、繰越損益通算をしてはならない(介護保険料)。(2)原則として、譲渡益+配当の総和が正の値(総計で利益が出ている)ような申告を記入してはいけない(介護保険料、後期高齢者医療保険料)。(3)単独の外国税額控除の申請をしてはいけない(介護保険料、後期高齢者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-69) 老後の投資信託売却は定口数定期売却が合理的である

前回の「(20-68)ネット証券比較:投資信託売却方法」の付録として、この記事を書く。 「定金額定期売却が投資信託売却における良い方法の一つである」という見解に対して、ここで異議を唱えておく。 (1)定金額定期売却の場合 基準価格が下がると”定金額”を得るために売却口数は大きくなる。一方、基準価格が上がると売却口数は小さくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-68) ネット証券比較:投資信託売却方法

現役時代に運用蓄積してきた投資信託を、引退後は売却して生活費不足分を補うことになる。その時になると、利用している証券会社がどのような売却方法を用意しているかによって、売却の効率や手間が変わる。現役時代に比べて暇があるとはいえ、いずれ脳力は衰える。その時に備えて、投資に使う証券会社は手間が掛からずかつ合理的な売却方法を用意している会社を選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(20-67) 定口数定期売却設定の開設:SBI証券への要望

SBI証券は大変便利であるが、投資信託の定期売却が定金額取得の設定(たとえば、毎月初めに10万円を得るように投資信託を定期売却するような設定)しかない。定期売却に「定口数」売却の設定を開設してほしい。つまり、投資信託を毎月、例えば「1万口」を、定期的に自動売却できるようにしてほしい。 投資信託の基準価格は”ランダムに”変動し続けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more