(7-2) パソコン環境整備とネット銀行とネット証券会社の口座開設

 ここで提唱の資産運用には、ネット銀行とネット証券会社の利用が不可欠なので、安全なパソコンとインターネット環境を整え、ネット取引が出来るように準備する。ネット金融機関を使うもう一つのメリットは、週日の夜や休日祝日に金融商品の売買発注が、マイペースで出来ることである。長期分散投資において大切なのはどのような金融商品(資産クラス)にどの程度の比率で投資金額を配分しておくか(アセットアロケーションともポートフォリオ構築とも呼ばれる)であって、1週間や1月の程度の期間内の金融商品価格の変動は気にしない(資産の長期運用結果に大きな影響は出てこない)。従って、資産管理(金融商品売買の発注、具体的には投資信託の売買発注と定期預金の申込や解約)は、例えば毎月一度数時間、例えば第一金曜の夜(あるいは第一土曜の朝など、生活ペース上の便利優先で選ぶ)に行い、金融機関側が次営業日に発注を実行してくれれば充分である。現役サラリーマンにとっても、隠居生活者にとっても、これは便利である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック